FC2ブログ

09

18

コメント

稽古2日目

西田です。
今日は私が更新します

稽古2日目でした。

今日も学生さんが見学に来てくれたので、一緒にウォーミングアップのゲームをしました。
拍手回しとティッシュ落とし。
どちらも楽しかったですが私は不器用なので難しかったですティッシュ落としでは三回連続失敗して(ダメな方の)殿堂入りだと言われてしまいました

その後は台本の練習。
今日も少しだけつづきが来ました
まだまだセリフを覚えていないのでセリフを言うのにいっぱいいっぱいでお芝居どころではない部分があります
みなさんよく台本片手にちゃんとお芝居できるなと感心します
でも私も三回目の舞台出演になるのでちゃんと相手にセリフをかけられるように頑張ろうと思います



髪を切りました。
「ボブ」とオーダーしたのにバッサリ切られたみたいです
「切りすぎじゃない?」と内心思っていたのですが、美容師さんに言えませんでした、、、


スポンサーサイト



09

17

コメント

初稽古!

こんにちは。木村です。
初稽古。台本、、、来ました!!!



写真、せきゆちゃんのTwitterからお借りしました。
ちなみにこのお人形、今日は代役として大活躍でした!www



微笑んで座ってますね、、、

今日は流れだけをさらーっとやったので、まだまだどうやって演じたらいいのか分からないことだらけですが、なんだかこれからみんなで一つのものを作り上げていく楽しみや大変さみたいなものを感じてわくわくしました!



作品の稽古をする前には、見学に来ていただいてた学生さんも交えてちょっとしたゲームみたいなのもやったりして久しぶりにほんわかした空気を感じることができました。

あっ、いつもピリピリしている劇団な訳ではないですよ!w

最近の稽古は本番間近で気を引き締めて挑むことが多かったので、、、

こんな感じで稽古一回目は終了です。

今、高速バスで北九州に帰っている途中。もう一度台本を読み直してみます!
それではっ!!



09

14

コメント

『女の幸せ』幸田さんインタビュー

木村です。
『女の幸せ』チケット予約が少しずつ入っているみたいでホントにありがとうございます!
出演者一同、いい作品になるよう頑張ります!

いよいよ来週から稽古が始まるので、稽古風景もどんどんお伝えしていきたいと思っているんですが、まずは今回の作品、どんなものになるのかを脚本・演出の幸田さんにインタビューしたいと思います!


■えーと、まず、こんなこと聞いていいかわからないんですが、、、台本は?(9/14現在)
→まだ。


■やっぱり、、、www
来週火曜日から稽古ですけど、大丈夫ですか、、、?
→火曜日までには書くよ!全部ではないけど。

■その言葉、しっかり聞きましたから!www期待しています!
今回の『女の幸せ』はどんな話になりますか?
→『すごい人生』を下敷きにするので、郊外のドラッグストアのバックヤードが舞台です。そこで生きる人々の悲喜こもごもを描きます。


■タイトルの『女の幸せ』というのが女子からしたら気になるんですけど。
→今は女性の役者が多いので必然的に女性を描く割合が増えるな、と。単純にそういうところから始まってはいますが、地方の郊外って閉塞感があるんだかないんだかわからない感じなんですよね。


■チラシにも書いてありました。
→そう。で、その閉塞感ってなんだって考えた時に、ある人にはあるけどない人には全くないものなんです。たとえば、「何歳で結婚して子どもを作って、何歳で家買って……」みたいな古き良き昭和みたいな価値観。今は賃金だって上がらないし、そもそも派遣だったり不安定な立場にいる人もたくさんいたりして、「どこの夢物語だよ」みたいに思う人が多いと思うんですが、そういう価値観が地方の郊外ではいまだに当たり前な部分もあったりする。
そういう価値観で生きてきた年配の世代ならわかるんですが、若い人でもそれが普通だと思っている人もいて、その価値観が支配的になるとそうじゃない人というのは生きづらさを感じてしまいますよね。
時代や社会状況はどんどん変わっているのに、変わらない価値観が支配していて、その価値観で生きられる人にとっては何の苦痛もないけど、そうじゃない人は閉塞感を感じてしまう。そういう地方の日常を描きたいと思っていて、結婚とか出産っていうのは変わらない価値観と変わっていく価値観のせめぎ合いを表現するのに適しているんじゃないかと思ったわけです。


■なるほど、、、と言いつつ、なんだか難しい話ですがデキ婚がOKかそうじゃないかみたいなことですか???
→なぜデキ婚がでてくるのかわからないけど(笑)


■いや、結婚っていえば、
→まあ、でもそうだね。デキ婚をどうとらえるかというのも価値観によって全然変わってくる。今って色んな価値観があっていい、選択肢があっていいって社会になりつつあるけど、そうすると逆にどれが正解なのかがわからなくなって保守的なところに回帰していく人っていうのもいると思うんです。
「デキ婚なんて絶対認めません。それは正しい形じゃない」みたいな。そういう混乱というかな、どう生きたらいいのかわからない、何を信じたらいいのかわからない人々の姿も描けたらなと思ってます。


■なんか、はい、なんか少しわかってきました。
→台本があればわかりやすいんだろうけど(笑)


■そうですね。火曜日期待しています!www
→あ、でもチラシにも書いたけど、結婚とか出産っていうのは当然相手がいないとできないわけで、それはつまり男性も描くということ。『女の幸せ』とは言ってるけど、結局は「幸せとは何か」ってことを描くことになると思います。


■ちなみに、今はどのくらい進んでいるんですか、、、?
→登場人物の名前が決まった(笑)


■そ、そんなところ、、、?
→いや、大事でしょ。名前のイメージってあるから。田中はるかなのか木村はるかなのか、はるかははるかでも晴香なのか遥なのかはたまた春香なのかで全然イメージって違ってくるから。あくまで僕のイメージですけど。
頭の奥の方にぼんやりと人物のイメージがあって、それをくっきりするために名前をああでもないこうでもないと考えるのは大事なことなんですよ。


■そうなんですね。すみませんでした。
→あと舞台装置も考えたかな。まだ完璧にではないけど、こんな形かなって。


■それも大事なことなんですか?
→場所のイメージがはっきりしないと書けないですからね。そこで生きている人を描写していくわけだから。


■台本書くって大変そうですね、、、
→まあ、でも好きでやっていることなので。


■火曜日、期待しています!そればっかりですけどwww
→今回は本番まで時間ないですからね。頑張りますよ。


まずは火曜日を楽しみに待つことにします!www
稽古がスタートしてからも改めて作品のこと、役者のこと、色々掘り下げていければなと思います!


≫『女の幸せ』ご予約はこちら≪

09

11

コメント

DM作業

木村です。
次回公演『女の幸せ』ついに動き始めました!
今日が稽古初日!、、、ですが、今日は稽古ではなくDM作業。
これまでの公演でアンケートに住所とお名前を記入してくれたお客様へ送るダイレクトメールです。



こんな感じでみんなで折り折りして、封筒に詰めていきます。

小さい劇団なので、こういうスタッフ作業もみんなでやります!

私は不器用なので結構苦手な作業なんですが、、、




私だけではなくえりかさんも。。。
頑張れ!



あさみさんが上手で驚異的な速さです。



お久しぶりのなっきーさん。
お仕事が忙しいので『足は口ほどにものを言う』『女の幸せ』は役者としてはお休みですが、陰ながら劇団を支えてくれています。ありがとうございます!



1月『Sour Grapes』以来の山下さん、そしてヤナギさん!



そして新メンバーの山中祐里ちゃん!写真撮らせてくれませんでした、、、



劇団のアイドルまなちゃん。マイペースに遊んでます。

メンバー一同、心を込めて作業しました。
ぜひ、劇場へ足を運んでいただけると嬉しいです!

来週からはいよいよ稽古も開始!頑張るぞ!

プロフィール

劇団HallBrothers

Author:劇団HallBrothers
次回公演は2019年11月1日(金)~4日(月・祝)
@ぽんプラザホール
『女の幸せ』を上演!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad