FC2ブログ

11

06

コメント

西日本新聞web版に『女の幸せ』劇評を掲載いただきました!

西日本新聞劇評

西日本新聞web版に『女の幸せ』劇評を掲載いただきました!
ぜひ、ご覧ください!

≫記事はこちら≪


スポンサーサイト



09

19

コメント

西日本新聞(WEB版)で特集していただきました!

木村です。
な、なんと!西日本新聞(WEB版)で劇団の特集をしていただきました!

≫記事はこちら≪

読み応えのある記事なので、ぜひ、呼んでみてください!

私も読みましたが、、、

多様性が認められ、それぞれの生き方や個性が少しずつ受け入れられる時代になってきているとは感じますが、、、
まだまだ浸透していないというか、理想と現実のズレみたいなものがあって、そこに生きづらさを抱える人も多いだろうなと想像します。
そういう人たちがもっともっと生きやすくて輝ける世界になっていけたらとても素敵ですよね。

ただ一方で、色々なものが変化していく時代の狭間で、今まで当たり前に社会のルールに沿って必死に頑張って生きてきた人たちを否定したりするのも違うなあと思うのです。

これが正解!あれは間違い!ではなく、色々な考えや生き方があるということを受け入れたうえで、お互い認め合うことができたら、、、
『足は口ほどにものを言う』のセリフではありませんが、強張らずにもっと肩の力を抜いて生きていけるはず。
それぞれがそれぞれのステージで輝ける日が来るといいなと切に思いますし、私たちのお芝居が少しでも生きづらさを抱えている人に届いたらいいな、、、

なんてことを改めて考えました。

ちょっとわかりにくい記事になってしまったかもしれません。ごめんなさい。。。

ぜひ、記事と合わせてごらんいただけたら。
HallBrothersの考え方や芝居に込めた想いを感じていただけるのではないかと思います!


04

04

コメント

文と写真展

木村です。
今日は現在お休み中ですが、劇団員の堀内あおいさんが写真展をやるのでそのお知らせを!!

じゃんっ。



文と写真展です!



素敵な写真ですね!
あおいさんから一言いただきましたので、どうぞ!

「『文と写真展』主催の堀内です。妹の堀内はると企画しこの度、写真展を開催することになりました。
文を私が、写真を妹が担当しております。
初の姉妹での写真展、是非お越し下さい!!」

だそうです!

文をあおいさん、写真を妹さんの姉妹コラボ。
いいですね~!

木村ももちろん遊びに行こうと思っていますので、皆さんも是非どうぞ!

ななななんと!入場無理だそうですよ~


会場 リノベーションミュージアム冷泉荘
開催日 2019年5月24.25.26日


04

01

コメント

エクストリーマーズ

お久しぶりです。山下大貴です。
って、誰?と思われる方もいるかもしれませんね。
前回『Sour Grapes』に出演していました。実にHallBrothers4年振りの出演でした。

DSC_0066.jpg

2012年にHallBrothersに入団し、2014年『となりの田中さん』ロングラン公演まで8作品に出演しました。
その後は拠点を東京に移したので、今は退団……したんでしょうか?ホームページには載っていませんがLINEグループには入っているし、ちょいちょい受付手伝ったりもしているので、団員なのかそうじゃないのか曖昧な感じです!笑
もちろん、いつかまた出演したいとは思っています。

さて、今日は僕の活動をお知らせさせていただきたく、この場をお借りすることになりました。

現在、東京を拠点に役者活動をしていますが、もっと自分から発信していきたいと思い、YouTubeに映像作品をアップしていくことにしました。
監督、脚本、主演です。出たがりですね笑



HallBrothersからは唐島君と僕と同期の高柳くんがお手伝いしてくれています。

今後、役者として活動していくのはもちろんですが、映像制作もどんどんやっていきたいと考えています。今、演じることだけではなく、創ること全般に興味があるのです。

まだまだ始めたばかりですが、ぜひ、ご覧いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします!

07

23

コメント

新劇団員加入のお知らせ 木村晴香

新劇団員加入のお知らせ第二弾です。
今日は『わたし、三階です。』リーディングに出演する木村晴香です。
では、自己紹介をどうぞ。

「はじめまして。木村晴香です!
24歳です。
普段はアルバイトしながら曲をつくったりなんやかんややっています。」


-演劇経験はないんですよね?ここで芝居を始めるのが正真正銘の初舞台になるわけですが、どうしてお芝居をやろうと思ったんですか?

「はい。経験は全くないですね。
わたしは元々人見知りで自分をうまく出せない性格だったんです。その反動なのか、何かを通して表現をすることに昔からすごく惹かれていて。
曲をつくるとかもそうなんですけど、一つの手段としてお芝居をすることに前々からすごく興味があったんです。」


-では、実際に演じてみてどうですか?

「想像していた以上に難しかったです。
どこかで恥ずかしいな、と思って抑えてしまう自分がいたり、演じている役の中に理解しづらい部分があったり。
でも、この人はこういう部分を持ち合わせていてここはこういう感情でいるのかな?とかを自分なりに想像して掘り下げていくうちに少しずつ繋がっていくような感覚があって。
それは役の中の人物ともなんですけど、同時に自分とも深く繋がっていく感じがして。
他人を通して自分を知るというか。
そこはとても魅力的だなぁと思いました。」


-『わたし、3階です。』の台本を読んでみて、どんな風に感じました?

「実はわたし、賃貸のタワーマンションに住んでいた経験があって。
そのときに勢いで一番上の階を仮契約してしまったんです。結局住んだのは下の階だったんですけど。
だからマンション内での見栄や格差?みたいなものはなんとなく理解できるな、と。
分譲だともっと露骨だと思うんですけど、タワーマンションに住んでいる多くの人は多少なりともそういう感情を持ち合わせているんじゃないかなって。
そういう意味では3人ともすごく人間らしいというか、方向性が違うだけで実は似ているなぁと感じました。」


声がかわいらしいはるかちゃん。
最初は見栄に振り回されますが、後半は一転、純粋な思いが溢れてきて……という今回の役にぴったりです。
今回は諸事情でリーディングという形になりますが、それでも彼女の魅力を感じることはできると思います。

-では、最後に一言お願いします。

「経験もなくてまだまだ足りてない部分もたくさんありますが、先輩方のご指導を受けながらみなさんに堂々と何かを届けられるよう精一杯頑張ります!」


新劇団員の木村晴香でした!
皆様、ご来場お待ちしています!

プロフィール

劇団HallBrothers

Author:劇団HallBrothers
次回公演は2020年5月の予定!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad