FC2ブログ

12

06

コメント

2019年を振り返る③木村

木村です。
第三弾は木村、私です 笑
では、さっそくいってみたいと思います!


■2019年を漢字一言で表すとどんな年でしたか?
→『還』ですかね。
無くなったように思えることも実は元の場所にちゃんと還っていると思ったからです。

あと、母が還暦だったので、それで。笑


■作品を一本ずつ振り返ってもらえますか?まずは1月の『Sour Grapes』から。
→『Sour Grapes』はわたしの本当の意味での初舞台でした。
小屋入りしてからも何もかもが分からないことだらけだったし、本番でも立っていることに精一杯でした。
とにかく自分のテンションを上げなければ!と舞台裏で踊ったりジャンプしたり筋トレをしてみたりしていました。
お話も、主婦同士のマウントの取り合いというのが実際にもよくありそうな設定で面白かったと思います。


■2月のギルドフェス『田舎者のDNA』について聞かせてください!
→残念ながらわたしはちょうど劇団のお仕事と被ってしまっていたので出演しませんでした。
別の場所で子供たちの前で魔法の国からやって来た踊り子を演じていました。

その中で一日だけ観劇に行ける日があったので観に行ってきたのですが、HallBrothersが3人で劇をしているというのも新鮮だし、お客さんとして観るのもなんだか新鮮でした。
ひと世代またいで演じる設定も面白いなと思いました。
他の劇団さんも参加されていて、それぞれ違った色があり刺激をうけましたし、お客さんの層もばらばらで面白かったです。


■4月『半径50メートル』についてお願いします。
→閉鎖的な工場という設定の中に異質すぎるカラフルな壁紙、無理やり感のあるリニューアルされた部屋。その中でやっぱり隠しきれない綺麗とは言えない感情や問題が浮き彫りになっていく舞台装置とのアンバランスさが好きでした。

自分の役に関しては、このときはまだ自分と役を切り離して考えてしまっていて、そのうえで必死に明るく演じようとしていたのでとても苦しくなってしまっていました。


■8月『足は口ほどにものを言う』はいかがでしょうか?
→苦労はいつもしてしまいますが、初めてナチュラルに、
(自分)―(役)←こんな感じで繋がり、演じることが出来たかなと思います。笑

ただマッサージをするだけではなく、そこから身体と心の繋がり、その人の性格や生きづらさ、悩みなどがだんだん浮き上がってきて、最終的に身体も心も一緒にほぐされていくことにわたし自身もなんだか癒されていくような気がしました。
役の中で諸島さんに手を握られて揉みほぐされながら声をかけていただく場面があったのですが、なんだか本当に安心してしまいました。


■そして公演ラッシュ最後、『女の幸せ』です。
→『女の幸せ』は稽古期間も短く、本当に大丈夫なのかな?と心配になってしまいましたが、最終的にはなんとかできたのでなんとかなるんもんだな、と思いました。笑

そして最後のこの作品はわたし自身たくさんの試練があったように思います。

私が演じたのは普通の幸せに憧れのある姉妹の結婚している姉の役でした。
わたしはわりと自由に飛び回っていたい人間なので最初はどうリンクするべきなのかと悩みました。

でも、自分の中に5%でも1%でもわずかにある感情を無視して違う違う無い無いと言っていたことに気づきました。
こんな事か?と思われてしまうかもしれませんが、この気付きは自分の中で大きかったです。

そして、私の演じるアイちゃんは、子供が欲しくて妊活をしていたけどなかなか授かることが出来ず、不妊治療を始め、それでも出来ず、夫婦の間に溝が出来だした頃に妹が妊娠をし、それを知り発狂してしまうのですが、これはわたしも本当に辛くなってしまいました。
物語の中では吐き出し、最後にはなんとか前向きなラストにまとまっていますが、実際には吐き出すこともできず、言葉にならない思いを抱えたまま生活をしている人もたくさんいるはずで、そんなことを考えたら絶対に大切に演じなければいけないという強い思いがありました。

だからこそ終わった後に感動したとお声をかけていただいたり、そういう内容のアンケートをいただいてるのを見たときは嬉しかったし、微力でも自分も何かを人に届けることができたのだなと胸がいっぱいになりました。
作品自体も評判がいいようでしたし、劇団20周年ラストにふさわしい良い作品だったのではないかな?と思います。


■では、最後に今年一年を振り返ってどうでしたか?
→思い返せば色々とありましたが、なんだかんだで楽しませていただいたように思います。
これに懲りずにまだまだたくさんの経験をしていきたいです!
今度はどんな人達に会えるのか今から楽しみです。
今年一年ありがとうございました。
来年も皆さまの一日一日が素敵な日でありますように。


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://hallbros.blog.fc2.com/tb.php/1122-81ba3f80

プロフィール

劇団HallBrothers

Author:劇団HallBrothers
2020年5月公演『わたし、病気なんです』はコロナウィルス感染拡大の影響で中止となってしまいましたが、流行りのビデオ会議ツールZoomを使って新作を作りました!

劇団YouTubeチャンネルにて公開中です!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad