fc2ブログ

07

21

コメント

過去公演を振り返る①

幸田です。
出演者紹介も二巡し、稽古日記でも書こうと思いつつ……

リモート稽古って、書くことないんですよね……

稽古写真もZoomのスクリーンショットばかりで、基本動きがない。
今は平日リモート、土曜日が朝から夕方まで対面稽古という形でやっていますが、そう毎日更新できるほど稽古のネタがないというか。
もちろん、着実に積み上がってはいますが、なんというか、稽古場日記という形でお届けするほどの派手さがないのです。

しかし、なるべく毎日更新したいということで……

『過去公演を振り返る』

なんてことをやってみようと思います。

お知らせしている通り、今回新メンバーがたくさん増えたので、彼らも以前のことは知らないだろうし、改めてこれをご覧の皆様にもHBがどんな公演をやってきたかをお知らせしていくのもいいんじゃないかと思いました。

というわけで、直近の公演からだんだんと振り返っていこうかと思います。

一番近い公演はこちら



2021.2『題名のない演劇祭』@JR九州ホール

出演 萩原あや/山中祐里/唐島経祐/宮﨑楓



飛ぶ劇場、14+、万能グローブガラパゴスダイナモス、非・売れ線系ビーナス、劇団言霊、そしてHBと福岡・北九州の劇団が集った演劇祭です。
演劇祭のコンセプトはタイトル通り「タイトルなし。お客様の投票で決める」というもの。
そしてうちの作品は投票の結果『8割』というものになりました。



タイトルを投票で決めるというのも初めての経験だったし、JR九州ホールも初めてということで、新鮮な演劇祭でした。
惜しむらくは僕自身が別現場とかぶっていて、演劇祭当日に立ち会えなかったこと。
せっかく福岡・北九州の名だたる劇団が出場しているのに、劇場で観ることができませんでした(配信では観ました)

さて、我々HBはどんな作品をやったかというと、介護をテーマにした会話劇。
スーパーのバックヤードを舞台に、親の介護のために職を辞さなければいけない女性と突然の親の介護に巻き込まれた女性、二人の変遷を描いた作品です。

劇中、介護施設に就職した元アルバイトが
「あたし、気づいたんですけど、世の中の8割はクソみたいなやつですよ」
というセリフがあって、おそらくそこから『8割』というタイトルがいいと投票してくれたようです。

介護施設で働いている彼女は老人たちの自分本位で自分勝手な振る舞い、そしてその家族も同じように自分たちのことしか考えていない姿に辟易し、このセリフを吐きます。
そして図らずも介護に直面した二人の女性たちも、同じように苦しみ、疲れていきます。

が、そのクソみたいな姿も「それも人間か」と受け入れていくようになるまでのお話です。

『タイトルはお客様が決める』
というコンセプトなので、スタッフさんに提出する台本にもタイトルは記載されていませんが、実は僕の中ではタイトルを決めていました。まあ、そうじゃないと僕は書けないタイプなので。タイトルってその作品を象徴するものですし、それがないというのは道標がないようなもので、どこに進んでいけばいいのかわからなくなるのです。

で、僕の中で決めていたタイトルは『それも、人間』

よいところも悪いところも、全て含めて人間。
「このヤロウ」と腹がたった時にも
「まあ、それも人間か」
と心の中でつぶやくと許せたりするものです(どうしても許せない時もありますが)

人間ってそんなに完璧なものじゃないですからね。
ただ、ネット社会の今、何か問題が起こった時にすぐ炎上して、その時の他者に求める姿があまりにも完璧なものすぎるんじゃないかと思うことがあります。いやいや、みんなそんなに完璧じゃないだろうと。

間違っていることを間違っていると指摘することは大切なことですが、あまりにも正しいことばかり求めすぎると窮屈な社会になりはしないかと思うし、自分の首を締めることにもなるのではないかと思ったりもします。

このあたり難しいバランスだと思いますが、まあ、「それも人間」というおおらかな気持ちも大切なのではないかなと思ってこの作品を書きました。

40分ぐらいの短い作品ですし、またいつか再演したいなと思っています。








スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://hallbros.blog.fc2.com/tb.php/1168-c92e2312

プロフィール

劇団HallBrothers

Author:劇団HallBrothers
2022年9月@ぽんプラザホール。
最新作『300坪』を上演します!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad