fc2ブログ

07

22

コメント

出演者紹介二巡目⑧

幸田です。
出演者紹介二巡目第八弾はこの人。



劇団HBの大御所です。
大御所という言い方も本人嫌がるかもしれませんが(笑)
劇団初期からいる唯一のメンバーです。
それでは聞いていきましょう。


■お名前、年齢、出身教えてください。
→萩原あや、44歳、福岡県福津市出身です。
旗揚げ、正確に言えば第二回公演からですけど、最初期から関わっているメンバーは私だけかな、と思います。
私の次に古いのがキョロで、それでも2012年からかな?


■HBの生き字引みたいな感じですね(笑)なぜHBに入ろうと思ったのか改めて教えてもらえますか?
→今となっては姉のダンナになった人なんですけど(笑)、大学で知り合った友人が福岡大学付属大濠高校演劇部出身で「劇団探してるなら紹介するよ」と言われて、同じ福岡大学付属大濠高校演劇部の出身だった幸田サンの劇団に見学に来たから、です。


■見学に来た時の印象はどうでしたか?
→私が知ってた演劇の人たちは年上の人たちばっかりだから、単純に同年代が新鮮でした。やってる内容がそれまでに自分が触れたことのないようなテンション勢い押しみたいな、確か当時幸田サンは「惑星ピスタチオみたいなことをやりたい」とか言ってたかな。それで、「自分がやりたいこと、目指すところとは違うな」と思ってここはないなと思いました(笑)


■ここはないなと思ったのに、なぜ入ったんですか?
→手伝ってと言われたから。求められたら断りきれない性格なので(笑)だから、最初に関わって第二回公演『たまねぎのしん』は音響オペでした。そしたら一回手伝ったあと、メンバーがごろっといなくなって。実は『たまねぎのしん』に出演してたのは客演ばっかりだったんですよね。劇団員として残ったのは4人くらいだったかな?よく覚えてないけど。


■えー、当時誰がいったっけな……確かに、4,5人だった気はするね。
→で、第三回公演『少女はベッドで旅をする』をやるからと言われて、え?もしかしてあたし劇団員にカウントされてる?って(笑)そのままなんとなく出演することになってしまった、と(笑)


■それから20数年いるわけですが、辞めたいと思ったことは?
→何回もあります。最初の頃は毎公演思ってた(笑)


■それはなぜですか?
→不器用で上手くいかない、下手くそだったから。

■実際に出演してみたらピスタチオみたいな芝居だった?(笑)
→最初に出演した『少女はベッドで旅をする』は全然そんなことないけど、次の第四回公演『天井裏から愛を込めて』はそれっぽいこともやってたかな(笑)とにかく力押し!みたいな。


■やってみて力押しの魅力は感じましたか?(笑)
→当時は自意識が邪魔してなかなか弾けることはできなかったけど……うまくノッた時の高揚感は他には味わえない感覚で、それは楽しかったのかな。もう20年前の話ですけど。


■20年経って地味な会話劇という180度逆みたいな芝居になりましたけど、どうですか?
→びっくりよ(笑)あの頃に言われ続けた「テンション上げろ!」とか「気合いが足らん!」とか、あれはなんだったんだって感じですけど(笑)まあ、あの頃があって今があるのかな。「お前は入り込む力が足りない」とか当時の演出から言われ続けていました。現在もやってる人ですけど(笑)


■すいません(笑)「入り込む力」ってなんだよって感じですね(笑)
→今の子は怒られなくていいな、とかって思います(笑)あたしは言われやすいタイプだったのかいつも怒られてましたね。(笑)まあ、生意気なところもあったけど。「できないなら帰れ!」と言われて「じゃあ帰ります」みたいなこともあったし(笑)


■それはなんか覚えてるなあ。「帰ります」って言われて「えっ……」ってなったもん(笑)今思うと、そういう演出の仕方はよくないね。何も生まない。若かりし頃の自分を叱りたい。
さて、次の質問ですが。稽古が始まって一ヶ月ちょっと、対面での稽古も回数を重ねてきて、どんな感じですか?
→やっぱり対面の稽古は楽しいな、って。これぞ、演劇をしてる感じする。その場でお互いを感じて作っていくっていのがね、やっぱり。まあ、リモート稽古で会話になれてる部分もあるからすんなりできるのもあると思うので、今の稽古スタイルは理にかなっているというか、最初台本が上がってきた時には読むことが大事で、身体に落ちてから対面稽古というのはいいと思います。稽古回数少ない中で効率よくやれてるような気がする。


■今の子の気合いはどうですか?(笑)
→気合いね……(笑)まず、稽古場の雰囲気から全然違う。昔は緊張感というか、稽古場は神聖な場みたいなイメージがあったけど、今はゆるいから(笑)当時の私からしたら「いやいやないやろ」と思うけど、今はそれが当たり前というのがあって。その中で楽しんでいるメンバーもいるし、いい具合で変化してきたんだろうな、と。当時の気合いはないんだろうけど(笑)、違う意味での稽古に向かう姿勢というか、ゆるい中でも芝居はしっかり、誠実にやろうとしていて、今はちょうどいい塩梅を見つけられている感じがするかな。


■あの時に戻りたいとか思いますか?
→うーん……(笑)今の自分があの時に戻ったらもっと上手くやれるとは思うけど、極端な時期だったので、おもしろエピソードはあるけど、あんまり戻りたくはないかな(笑)毎公演辞めたかったし。


■では、現在の話に戻りますけど、作品も少しずつ形になってきて、その中で何か思うところはありますか?
→うちの作品をよく見てくれる人はわかると思うけど、幸田作品っていつも同じことを言っていて(笑)でも、今回は少し違うテイストがあって、それは新しく来たメンバーのおかげ。違う切り口、テイストがあって、これは長年うちを見てくれている人は気づくかな。今回の話の元になっている『65%悲劇』や『かなしいしあわせ』は「戻ってくる姉」という役は私がやっていて、でも、その時とは姉の描かれ方も違うかな。時代の移り変わりもあるし、やっぱり手書きなのでメンバーなのかな。今回は姉と対象的な妹、そして私演じる母親も出てくるし、やっぱり幸田サンの視点が増えたのかな、という気がする。


■最後に、本番が近づいてきていますが、改めて意気込みを。
→対面稽古は楽しくてあっという間に時間過ぎちゃいます。朝から夕方までなので疲れるんだけど、ホント楽しい。それがお客さんに伝わるようにもしたいと思うし、新たなメンバーたちにものびのび楽しんでもらいたいと思います!


さて、『まっすぐ目を見て話してください』本番まで一ヶ月となりました。
チケットご予約、まだまだまだまだ受け付けていますので、ぜひ、劇場で、配信で御覧ください!
お待ちしています!

»チケットのご予約はこちら«



スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://hallbros.blog.fc2.com/tb.php/1169-83cae90d

プロフィール

劇団HallBrothers

Author:劇団HallBrothers
2022年9月@ぽんプラザホール。
最新作『300坪』を上演します!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad