fc2ブログ

07

07

コメント

『男の嫉妬』感想

改めまして『男の嫉妬』ご来場ありがとうございました。
昨日に引き続きの幸田です。

一本終わったら、また一本。

個人的には再来週に非常勤講師を務めている専門学校での公演があるので、感慨にふけっているどころではない感じです。
あ、ちなみにその公演については僕のブログ(幸田村)でおいおい触れますね。こっちも全然更新してないんですけど…まあ、そのうち…

で、『男の嫉妬』

のんびり感慨にふける時間はありませんが、少しくらい振り返っておこうかなということで、簡単に感想を。

まー、台本を書き直したのがね、大変でした。

最初の台本は、冒頭が宣伝講習販売のロールプレイングをやっている場面でした。
舞台も今回のリフレッシュルームではなく、会議室。


最初の台本で稽古しているところ。
会議室らしく、真ん中にテーブルと椅子がある設定でした。


それが今回のリフレッシュルームという設定へ。
小上がりが出来たりと、全然違ったものに。

話の大枠は書き換えてはいませんが、まあ、でも会議室がリフレッシュルームへ、とか、結構変わってしまいましたね。

今回は新人二人に、まだ経験の浅い大塚や松田など、全体的に若いメンバー構成だったので、台本が遅いなどありえない!と自分の中で決めていたんですが、遅くなってしまいました…これは反省点ですね。毎回同じような反省をしている気もしますが…

結果的に書き直して良かったんですが、本番2週間前の合宿ではその場で書いた部分から稽古して…というギリギリの感じになってしまいました。


役者も大変だったと思います。
申し訳ない。

演劇のいいところは、一つの役や作品にじっくり長い時間をかけて取り組めるところなのですが、そういう点では今回、役者には迷惑をかけてしまったと思います。


たとえば、ヤナギを誘惑する松田。
もちろん素の松田は全然そういうタイプではないんですが(笑)

そうじゃない人がそうなるためには長い時間と稽古が必要なわけですね。


そういう部分がなかなかに大変だったのではないでしょうか。


誘惑する感じを男同士でやってみています。なぜ?(笑)

やっぱり他人を演じるわけですから、理解し、歩み寄って、共感して…という時間が必要なのですね。
そのために何度もシュミレーションを繰り返します。


最終的には役も(荒削りですが)だんだん馴染んできて、良かったです。

次回こそは頑張ろう…あ、次回はそうです、再演なので台本は稽古初日から完璧にある状態なんですよね!

しかし、1年前の作品で、当時とは役者個々人の状況も変わってきたりしていますから、キャストは一部変更になると思います。
そうなるとまた、1年前とは違った色合いの作品になるのではないでしょうか。楽しみです。

個人的には合宿中にヒイヒイ言って台本を書かなくていい!稽古に集中できる!というのが嬉しい。
(まあ、いつも自分が悪いだけなんですけど)
合宿といえば…


爽やかな青少年自然の家に似つかわしくないヤ○キーっぽい二人。
ヤンキーしか出ない芝居とかも面白いかもしれませんね。来年くらい書いてみようかな。

というわけで『男の嫉妬』はこれで終わり。
すぐに次に向かって走り出さなければいけません。
11月ロングラン、是非、ご来場下さいね~。

あ、役者たちにはしばらくの間、『男の嫉妬』について感想を書いてもらおうと思います。
お楽しみに~。



スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://hallbros.blog.fc2.com/tb.php/841-c56d6100

プロフィール

劇団HallBrothers

Author:劇団HallBrothers
2022年9月@ぽんプラザホール。
『300坪』終了しました!

次回公演は2022年12月!
『だめな大人』を上演します!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad