09

09

コメント

中年ならではの滑稽さ

作・演出の幸田です。
久しぶりの劇団ブログ更新ですね。
ここのところキョロこと唐島君が頑張って更新してくれていたのでご存知の方も多いかと思いますが、我々は現在、次回公演の稽古に取り組んでいます。

『だめな大人』

その名の通りだめな大人を描く作品です。
一見いい人に見えるけれど、それ、ホントにいい人なの?ホントに人のためなの?ということを考えていける作品になればなあ、と思っています。

前回『人間の種類』とはうって変わって、『男の嫉妬』以来のワンシチュエーションの会話劇。久々のスタイルなので、最初、思うように台本が進みませんでした。
何度も書き直して、ようやく形が定まってきたところです。



現在は台本片手に動いてみる半立ち稽古の真っ最中ですが、これ、なかなか面白いんじゃないかなと我ながら思っております。

今回の登場人物は7人。
前回『人間の種類』は10人で若者がメインのお話しでしたが、今回は唐島と大塚以外の5人がオーバー30という中年メインのお話し。
派手さはないですが中年ならではの滑稽さを演出できるのではないかなと思います。
7人という登場人物も多すぎず少なすぎず、ちょうどよいかな、と。



今回主役の坂井です。
今回の作品は2010年上演『まばゆい傷』を大幅改定したものです。モチーフは同じですが、全然別の作品になったのでタイトルも変えました。
『まばゆい傷』でも坂井が主役だったんですが、あれから7年。やっぱり成長の跡が見えますね。
『まばゆい傷』では主役の嫌な面は描いてなかったんですが、今回はそのあたりも描いていくので、坂井がどんか顏を見せてくれるか楽しみです。



坂井を助ける重要なポジションの大塚。これまでにやったことのないタイプの役なので、最終的にはどんな感じに仕上げてくるのか……?



『となりの田中さん』の房子路線の「おせっかいなおばちゃん」を演じる萩原。早速、彼女のコメディエンヌぶりが発揮されています。



今までありそうでなかった役を演じている永倉。なかなか似合っていますね。彼女の嫌な部分が遺憾無く発揮されています(笑)



前回『人間の種類』より入団のをとん。前回は要所要所でいい味を出す役でしたが、今回もまた……違った意味でいい味出しています。笑えます。



なぜお前だけカメラ目線なんだ!とオチみたいになってしまった唐島。ヘンに熱い、という役を演じています。なかなか似合ってますね。


今回は劇団初の県外公演!
大分舞台芸術フェスティバルに参加してきます。
初日は福岡ではなく大分、というのももちろん初めての経験なのでドキドキですね。
アウエーの地でHallBrothersの芝居がどう受け止められるのか。

個人的には今日の稽古を見ていて「これはイケる」と確信を持ったので、それが間違いでないことを祈りつつ、多くのお客様には楽しんでもらえる作品にしていきます。

というわけで、大分・福岡でお待ちしています!



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://hallbros.blog.fc2.com/tb.php/941-98b03593

プロフィール

劇団HallBrothers

Author:劇団HallBrothers
次回公演は2018年1/31~2/3

キビるフェス~福岡きびる舞台芸術祭~2018
代表作『となりの田中さん』を4年振りに再々演!

@パピオビールーム大練習室

パピオビールームに2階建てアパートをどーんと建てます!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad